給湯器の買い換え時や給湯器交換時の選び方について知る!!

給湯器は、私達の生活の中では欠かす事のできないものですよね。ここでは、給湯器の基礎知識、実際に給湯器を買い替える際の選び方のポイントについてお届けします。前橋市で給湯器を交換・購入する際に是非役立てて下さいね。

給湯器の基礎知識について

給湯器 前橋市

給湯器故障のサイン

給湯器故障のサインは幾つかあるのですが、機械の異常に気付いた時点でなるべく早めに給湯器点検を行うのがお勧めです。例えば、給湯器の異常で見られる状態には、給湯温度が安定しない、お湯がぬるい、お湯が出ない、稼働時の異音、水漏れ、排気口周りのすす汚れ等が挙げられます。特に、給湯器が製造されてから10年以内の製品であれば、修理保証内である可能性もあります。
しかし、10年以降になってしまうと修理を行う際に、メーカーから部品供給が無かったり、保証対象外に該当して修理代がかさんだりします。一般的に前橋市の給湯器メーカーでは、機械の耐用年数は約10年を目安としていますが、利用方法や設置環境によっては、それよりも早く故障したり逆に長持ちしたり、それぞれの家庭で給湯器の寿命には差があります。

設置環境で変わる耐用年数

給湯器は、機械を設置する環境によっても耐用年数は変わってきます。これは、特定の地域に限らず、前橋市でも同様です。特に、外の雨がかかりやすい場所や湿気や埃が溜まりやすい場所等に設置されている場合には、給湯器の設置に十分なスペース確保が無いと、給湯器が傷付いたり寿命を縮めやすかったりするので注意が必要になります。

利用方法で変わる耐用年数

前橋市でも、各家庭の給湯器の利用法によって、給湯器の耐用年数は変わってきます。例えば、追い炊き機能付きのタイプで入浴剤入りのお湯を温め直す場合、配管を傷めてしまう事もあり、給湯器の寿命を縮める可能性もあります。なので、なるべく入浴剤の使用を避けたり、追い炊きするのでなく差し湯対応にしたりする方が無難になります。また、使用頻度が高い方が給湯器の故障は起きやすくなります。お湯の使用時間はもちろん、出力が大きいままの状態を保つ事で、それらがダイレクトに給湯器の寿命に関係してきます。なので、給湯器の出力を決める際には、余裕を持った選択がお勧めです。

前橋市で給湯器を交換・購入する際のポイントについて

給湯器 前橋市

① 給湯器の給湯熱源で選ぶ

ガスタイプ

ガス給湯器は、貯湯式と瞬間式の2タイプがあります。貯湯式は、タンクに蓄えられている水をガスによって温め、お湯に変える仕組みです。瞬間式は、水栓を開ける事でガスに着火しパイプを通る水が熱せられてお湯を作る仕組みです。つまり、瞬間式の場合は常に新しいお湯を使用する事が可能になっています。国内で最も利用されているのがガス給湯器となっています。

電気タイプ

電気給湯器は、貯湯式でタンクにお湯を貯める事ができます。電気料が安い深夜帯の時間に水を熱して、約85度~90度のお湯をタンクに貯蓄していきます。過剰にお湯を使用すると、給湯器を利用している時にお湯のストックが尽きる事も稀にあります。ですが、タンクには常にお湯があるので、災害時等にはとても役立ちます。

石油タイプ

石油給湯器は、ガス給湯器の瞬間式と同じです。石油をバーナーで燃やしてパイプを通る水を熱します。昔は、大型貯湯タンク内蔵の貯湯式が多く出回っていましたが、貯湯式はタンク内の水がお湯に変わるまでに時間を要するのが課題にありました。しかし、現在はその問題を改善して、ガス給湯器と同じ仕組みで給湯できるようになっています。

ハイブリッドタイプ

ハイブリット給湯器は、電気給湯器とガス給湯器の利点を合わせ持った機能性があります。タンクのお湯を使用するタイプですが、貯水量が足りなった時にはガス給湯器と同様に必要量のお湯だけ加温して使用します。

太陽熱タイプ

太陽熱型給湯器も給湯器の種類にはあります。単独で使用するのでは無く、貯湯式と組み合わせて使用するタイプになっています。

② 給湯器の設置場所のチェック

設置場所の重要性

大体、給湯器と言うのは浴室に面して設置する事が多いですが、パイプを伸ばす事ができるので、給湯器はほぼ設置する場所を選ぶ事がありません。とは言っても、室外機の給湯器のサイズやタイプによっては難しくなるので、設置場所の確認は行う事がポイントです。なので、給湯器は選び方が変わってきます。
例えば、前橋市の家庭で貯湯式を利用する場合、貯水タンクを設置する必要があるのでスペース確保が必要ですよね。また、石油給湯器の場合、独特の臭いがあるので隣家に迷惑にならない所に設置する必要があります。このように、給湯器を設置する場所によっても最適な給湯器は変わってくるので、設置場所も重要なポイントになります。

一戸建てとマンションでも異なる

給湯器の選択には、一戸建てかマンションかによっても異なってきます。前橋市で一戸建て住まいの場合、屋外か屋内、壁かけか据え置き等、これらの要素によっても給湯器のタイプはかわります。また、マンションの場合、パイプシャフトかベランダに置くかを決定しなければなりません。例えば、排熱でお湯を温めるエコジョーズならば、一戸建は汚水管か雨水管が近くにある事が大切で、マンションでパイプシャフトならば、枠に収める事を考える必要があり基本的に同メーカーを選択する事になります。

③ 給湯器の給湯方式で選ぶ

給湯方式の種類

給湯専用タイプ
給湯専用タイプは、その名の通りキッチン・シャワーと言った、通常時の使用に限ったシンプルな給湯方式です。追い炊き機能は無いので、購入・工事費で約10万円前後のコスト削減が見込めます。給湯器に余計な機能が付いていない分、扱いやすいタイプと言えます。使用したお湯は毎回全て捨てる点に関しては、避けられません。

給湯+追い炊きタイプ

給湯+追い炊きタイプは、給湯専用タイプの機能性にプラスで追い炊き機能が付いています。なので、翌日お湯を再び使用する事ができますが、その分の光熱費はかかります。

風呂釜タイプ

風呂釜タイプは、浴槽に水を張ってお湯を沸かす給湯方式で、追い炊き機能も付いています。浴室内に設置するタイプで、バランス釜からの交換に購入する人が多いです。バランス釜からの移行は簡単ですが、湯船に水を張ってから沸かすので少し手間がかかります。

④ 給湯器の機種タイプで選ぶ

スタンダードタイプ

スタンダードタイプは、給湯専用タイプになります。余計な機能を持たないタイプなので、操作方法等も比較的簡単です。

オートタイプ

オートは、自動でお湯張り・保温・追い炊きを行うタイプになります。自分が設定したお湯の温度で常に湯船を満たす事ができます。手動操作に関しては、足し湯だけとなっています。

フルオートタイプ

フルオートは、オートタイプの自動運転にプラスで足し湯機能もあるタイプです。足し湯まで自動で行えるので、常に決められた水量を保つ事ができます。尚、追い炊き配管自動洗浄が付加されているので、一定量のお湯を排水時に流して配管清掃してくれます。

⑤ 給湯器の号数で選ぶ

号数と種類

給湯器の号数と言うのは、水温+25℃のお湯が一分間に出る量を指します。号数の値が大きい程に、大量のお湯を一度に使用する事ができます。一般的に号数は、16号・20号・24号の3タイプがあります。しかし、水温は気温によって左右されるので、前橋市でも夏と冬とで出す事が可能なお湯量は変動します。なので、号数の決定は冬の水温を基準にするのがお勧めです。

号数と家族人数の関係性

お風呂でシャワー利用している際に、家族の誰かがキッチンで洗い物を始めたら「シャワーの勢いが弱くなった」と言う経験をした人もいますよね。給湯器で出す事の可能なお湯には限界があり、号数で目安を把握する事ができます。例えば、前橋市で家族が約2~3人の場合には20号が最適です。24号で4~5人がお湯を使用した場合お湯生産が追い付かないので、家族人数と同時に必要なお湯が確保可能な号数を選ぶのがポイントです。